本文へスキップ

より美味しく、風味の良いパン・お菓子作りを探究するプロ職人のための改良剤をご案内しています。

電話でのお問い合わせはTEL.048-778-6580

〒362-0033 埼玉県上尾市栄町4-6

フランス・カリフ社の会社概要detail

ミッション

CARIF S.A.(カリフ)社は、製粉業界のメイン商品である”粉”と、消費者の方々にお届けする完成品の風味双方の品質向上を限りなく追求する開拓者です。

仏CARIF社は、1987年創業者でもあり、現在の社長でもあるギ・ドラ・セルブサーブ氏により設立され、ベーカリー・洋菓子業界をベースに製造技術のコンサルタント業務などを開始しました。

当時、徐々に普及し始めた冷凍生地を含め、パンの品質を確保するために市場からの様々なリクエストがありましたので、その要望に応えるべく、適切な食品添加物を開発し、1986年には、共同名義でその特許を取得しました。

その後も、増え続ける市場からの需要にタイムリーに対応し、生産技術の向上と、基礎研究を重ね、常に、冷凍生地の品質を高めて参りました。

そして、より優れた食品添加物を開発、量産化を現実化したことが評価され、現在に至っております。

1987年 CARIF S.A. 設立。
1998年 ISO9002の認定を取得。
1999年 海外開拓部門を設立。

CARIF社は、フランス国内では、200社を超える顧客と取引があります。
また、製品はニュージーランド、モロッコ、エジプト、スペイン、ドイツ、ブルガリア、日本など15か国に輸出されています。

現在、CARIF社の試験研究所では、スクラッチ、パー・ベイク、ホイロ後冷凍、成形冷凍生地、無発酵成形冷凍生地(ウルティマ製法)、常温物流製品、ロングライフ製品等の製造技術とそれに伴う、添加物の製品の開発を進めています。

2002年から、製粉分野に力を注ぎ小麦粉の成分構成を基に、品質の向上に取り組み続け、成果を上げています。

日本での実績としては、成形冷凍生地、ホイロ後冷凍生地等の開発・量産化を手掛けております。また、個々のお客様のご要望に臨機応変に対応し、冷凍生地の賞味期限を長くするための製法と改良剤等を提供いたしております。